ネットワーク関連のおすすめアイテムまとめ!!

こんにちは、えとーくんです。

今回はネットワーク関連のあったら便利なおすすめアイテムをご紹介したいと思います!


まず最初はLANケーブルのツメを復元するヤツ!

SANWASUPPLY(サンワサプライ) RJ-45プラグSOS (ADT-RJ45SOS-10) SANWASUPPLY(サンワサプライ) RJ-45プラグSOS (ADT-RJ45SOS-10) SANWASUPPLY(サンワサプライ) RJ-45プラグSOS (ADT-RJ45SOS-10)

SANWASUPPLY(サンワサプライ) RJ-45プラグSOS (ADT-RJ45SOS-10)

この商品は折れてしまったLANケーブルのツメを復元するアイテム(さっき同じこと言った)で、使っていたLANケーブルのツメが折れてしまったけど、意外と配線の関係等でもう一度配線し直すのが面倒な場面は少なくないはず。

そこでこのアイテム、折れたLANケーブルに被せるだけでちゃんとツメとして機能します。

ただし、LANケーブル側のサイズが標準的でないものだったり、ツメの付け根の出っ張りごと取れてしまった場合は修復不可能なので、その場合は諦めてそのまま使うか新しいLANケーブルを買うしかなさそうです


お次はこちら

TP-LINK Gigabit 8ポート スイッチングハブ (TL-SG1008D) TP-LINK Gigabit 8ポート スイッチングハブ (TL-SG1008D)

TP-LINK Gigabit 8ポート スイッチングハブ (TL-SG1008D)

なんでルーターじゃなくてスイッチングハブかというと、このスイッチングハブはアンマネージドタイプで設定不要長時間稼働でも安定して動作する製品になっていて、主にNASや複数台のPCをネットワークで連携している場合は導入必須とも言える製品だと思います。

まず、ルーターとの比較ですが、ルーターは機能がたくさんあってカスタマイズできるのがメリットですが、その一方で沢山の機能によって不安定になりがちなのも事実。

以前SynologyのNASの記事でもお話しましたが、えとーくんはかなりなヘビーユーザーなので、普通の家庭用ルーターのハブを利用している最中にルーターがフリーズしてデーターが正常に保存できなかった事もありました。

これに関しては中~上級の方向けの話となりますが、ネットワークの機器をすべてルーターのハブに繋いでいると、ネットワークが不安定になってルーターを再起動した際にすべてのネットワークが落ちてしまいます。

なので、ルーターとPCやNASの間にスイッチングハブを挟むことによって、高速な帯域を維持したままルーターの再起動や設定変更ができるわけです。

また消費電力も少なく、机の上に置いていても違和感のないカッコイイデザインになっていますので、是非導入してみてはいかがでしょうか?


最後はゲーミング無線LANルーター

「えっ、ゲームならやっぱり有線じゃないと安定しないんじゃないの?」

ってえとーくんは思ってたんですが、今の5GHz帯の進化はすごくて殆ど帯域が干渉しないので、今までのように電子レンジを使ったらネットが使えなくなるということもないです。

遅延に関しても距離とかケーブルの品質のせいなのかはわかりませんが、何故かLANケーブルより無線のほうが早い結果に・・・(恐らく高品質なケーブルを使えば有線のほうが早いはず)

ちょっと脱線しましたが、昔とは比べ物にならないぐらい無線LANは進化しているようで、ゲーミングにも十分使えるレベルまで進化していると個人的に思います。

またコンシューマーゲーム機等はLANポートを搭載しているものが殆ど無く、基本的に無線LANなのでゲームのラグ安定性ルーターによって大幅に変わってくると思います。

そこで紹介したいのが

 

ASUS(エイスース) 高性能デュアルバンドWi-Fiギガビットルーター (RT-AC88U) ASUS(エイスース) 高性能デュアルバンドWi-Fiギガビットルーター (RT-AC88U) ASUS(エイスース) 高性能デュアルバンドWi-Fiギガビットルーター (RT-AC88U)

ASUS(エイスース) 高性能デュアルバンドWi-Fiギガビットルーター (RT-AC88U)

画像から伝わる明らかに強いオーラ。

このルーターはただの無線LANルーターではなく完全にゲーミングや高負荷作業に特化した無線LANルーターで、その通信最大速度はなんと2,167Mbps !!(NitroQAM技術)

この速度は一般家庭で利用されている1Gbps = 1000Mbps を大幅に超えているので、重いファイルもサクサク転送できます!

また、ネットゲームのタイムラグを軽減するゲーミングアクセラレーター「WTFast」機能を搭載しているので、RT-AC88Uと接続先との通信経路を最適化し、ネットゲームのタイムラグ(ping値)とパケットロスを最小限にすることが可能です!

その他にも、ネットゲームの通信優先度を高める「Adaptive QoS」機能を搭載しているので、ゲーム関連データの通信優先度を高める設定にしておけば、ネットゲームで楽しんでいるときに同時に家族がインターネットで動画を見ていたとしても、ゲームへの影響を最小限に抑えることができ、機種もPlayStation®3、PlayStation®4、PS4™ Pro、PlayStation®Vita、Wii U、3DS、Xbox Oneといったメジャーなコンソールゲーム機に対応しているため、ゲームも快適サクサクにプレイすることができます!

さらに、これらの機能は今まではPCで実行されていた機能なので、この機能をルーターが代わりに行う事によってPCの負荷も軽減することができます!

この無線LANルーターは「本当に無線LANルーターなのか?」と思うほど高スペックな構成になっていて、1.4GHzデュアルコアプロセッサーと512MBメモリを搭載していて、ここまで来ると小型のPCってレベルだと思います。

1.4GHzデュアルコアプロセッサーと512MBメモリで余裕の処理性能

この高速プロセッサーと大容量メモリのお陰で、USB読み込みスピードは100MB/s超え、WANからLANへの速度は最大1,800Mbpsという高速接続を実現しているわけなんですね。

えとーくんはTP-Linkのルーターを使っていますが、こっちのルーターも最近は購入検討商品の中に入っていたり・・・


と、こんな感じでネットワーク関連の機器や便利アイテムを紹介しましたがいかがだったでしょうか?

個人的に一番の押しは無線LANルーター・・・ではなく、スイッチングハブですね。

やっぱりネットワーク関連は安定稼働が一番だと思います (自宅鯖運営者の目線)

ではでは (締め方などどうでも良くなったオタク)

ฅ(^・ω・^っ[えとー]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です